「セフレなんて幻だろ」と思っている人も多いのではないだろうか。確かに身の回りの人にセフレがいるかどうか聞いても、大抵の場合は「いない」と答える。しかし、その裏で実はセフレとの関係を持っている人は一定数存在する。

普通は元恋人をセフレにしたり、完全に割り切っている相手をセフレにしたりすることが多いのだが、やはりどうしてもセフレが作れる人もいれば作れない人もいる。その違いはやはりセフレとう関係について本当の意味で理解している人が少ないからだろう。

純粋にセフレというのは単にセックスをすることを目的としている他、男女であれば当然のようにお金やプレゼントも発生するものだ。そこを理解しておくことが重要だ。

セフレ作りの極意

セフレ作りをする場合は、まず自分が本当にセフレと関係を持ちたいのかを考えていくことが必要となる。セフレに関してはタダでセックスさせてくれる人もいれば、お金やプレゼントを求めてくる人もいるだろう。

こればかりは相手が何を求めているのか、事前に把握しておく必要がある。どちらにしても男性は女性とセックスできる権利を手に入れることができるため、相手が何を求めているのかということを理解して、その点を満たしてあげる必要がある。セフレは片方ではなく双方にとって理想の相手でなくてはならないため、そのキープが一番難しいといっても良いだろう。

利害関係をはっきりさせておくこと

セフレに愛着が生まれるということはあっても、愛情が生まれるということはなかなかない。なぜならセフレとは単にセックスをする関係の相手だからだ。つまりはお互いに利害関係が一致しているからこそセックスに至っていると思った方が良いだろう。

逆に「俺のことを好きなんだ」と勘違いするような男性ではセフレもついてこない。それは女性でもいえるだろう。自分に何が提供できて、相手から何を提供してもらうのか。そこをはっきりさせないことにはセフレという関係も築けない。利害関係を考えてからセフレになってもらうよう交渉する。この順番こそが重要なのだ。

肉体関係で満足させてあげること

セフレというのは少なくともセックスで満足させてあげることが重要となってくる。いくらお金やプレゼントが欲しいからという理由でセックスをさせてくれるとはいっても、やはり男性も女性もセックスで気持ち良くなりたいという本質は失っていない。

つまり、セフレとしてキープするためには、肉体関係でも満足してもらうことが必要となる。この肉体関係でいかに満足させられるかによって、相手がセフレとして本当の意味で認めてくれるかどうかが決まってくるわけだ。なお経験者がオススメするセフレと出会える掲示板もあるため、詳しくはセフレ情報局 | セフレ掲示板でセフレを募集中の男女がマッチングをチェックしてみてほしい。