「セフレになりやすい女はどんな女か?」という質問を投げかけられたときに「ヤリマン」と即答する男性は、おそらくセフレの作り方においてはまだまだ初期段階にいる初心者であると考えていいでしょう。

「セフレになりやすい女=ヤリマン」という見取り図が間違っているという話ではありません。むしろ「セフレになりやすい女=ヤリマン」という回答は、模範解答すぎて清々しいほどです。
ですが、この模範解答に甘んじている限り、セフレの作り方をマスターしたということにはなりません。

模範解答でセフレを作っている間はいつまでも二流である

セフレの作り方を次の段階に進めたいと考えているのであれば、「セフレになりやすい女=恋愛感情に依存しやすい女」という考え方を導入する必要があるでしょう。
ここで「肉体関係のみで成立し、恋愛感情がないのがセフレの基本原則では?」と考えてしまう人は、二流です。二流は二流としていつまでもヤリマンを相手にしたセフレを作ることしかできません。
一流になるためには「肉体関係のみというルールが適用されるのは一方の人間だけでよく、片方が恋愛感情を持っていてもセフレを作ることはできる」という陋劣な考え方に慣れていかなければなりません。

より高度なキープ術が要求されるセフレのネクストステージ

つまり、「セフレになりやすい女=セカンド彼女」という考え方を導入したとき、セフレ作りはネクストステージに突入するのです。
このネクストステージにおいては、相手の恋愛感情への依存を利用しながら性的な支配のもと権力勾配をコントロールし、「表面的には恋人のように振る舞いつつ実際は性欲処理の相手として思っていない」という高度なセフレキープの技術が要求されることになるでしょう。
https://xn--n8jub7tod1ep500b.biz/
このセフレの作り方のネクストステージをマスターしたとき、あなたはセフレづくりの初心者から上級者へとステップアップすることを成功させるのです。